最近ハマっているスキンケア方法 in お風呂

秋も深まり、冬の気配が近づいてきている今日この頃。

この時期になってくると気になるのはお肌の乾燥だと思います。

特に目元や口元の乾燥は気になる方も多いのではないでしょうか。

最近私が行ったスキンケアで翌日の肌の調子が良かった方法をご紹介したいと思います。

【スキンケアはお風呂で完了させる】

入浴後の保湿は大切だと言うことをご存知の方は多いかと思います。

私もお風呂上りはいかに早く保湿をするかに重きを置いている人間のひとりです。

化粧水などは人肌で使用した方が浸透しやすいという情報を聞き、思い切ってお風呂でスキンケアを完了させることにしました。

【初めてのお風呂でパック】

私独自の方法ですが、参考になれば幸いです。

まず、スキンケア用品はすべてお風呂に持ち込みます。

洗顔等もすべて完了させ、湯船に浸かった状態からケアスタートです。

①程よく身体が温まってきたところで、シートパックをします。

(最近は、個包装のシートパックをお湯を張った洗面器で温めてから使用しています)

②顔の水分を軽く拭き、パックタイムスタートです。

③パックタイムが完了したら、顔に残った化粧液を馴染ませます。

④湯船から上がり、身体を拭いたらパックに残った美容液を全身に塗って保湿をします。

(もったいない精神)

⑤顔には乳液、身体にはボディクリームやオイルをその上から塗ります。

人によって通常のスキンケアの工程も異なると思うので、これは一つの方法です。

私はこのお風呂でパックをするようになってから、翌日の肌の調子が良くなりました。

身体も顔も持っちりふっくらします。

お化粧のノリも変わるのでおすすめです☆

こちらもどうぞ>>>>>ラメラエッセンスCの効果がこれほどすごいと口コミでわかった

カラダに美味しいものをたっぷり食べてます

スキンケアのために口に美味しい物を少なめにしてカラダに美味しいものを中心に食べてます。

口に美味しいものはたまに食べればストレス解消になるし良い気分転換にもなります。

しかし口に美味しい食べ物を食べ過ぎると肌に悪いんですね。

たとえばですが、砂糖がたくさん使われているデザートやお菓子はスキンケアの邪魔をする可能性が高いのでわたしは控えてますよ。

たくさん食べて良い物はカラダに美味しい食べ物。

これは簡単に言うと栄養バランスの取れた食事のこと。

御飯と味噌汁、箸休めになる物が一品と副菜が一品、そしてメイン料理ですね。

箸休めになるものは漬け物でもいいしサラダでもいいですが、わたしはぬか漬けがお気に入りでよく食べます。

ぬか漬けには乳酸菌がたくさん入っているため便通改善が期待できるんです。

味噌汁は具を多めにしてきのことか野菜をたっぷり摂ります。

メイン料理は肉か魚が良いですね。

肉ばかり続いたり魚ばかりが続かないように気をつけることと、サラダ油をたくさん使う料理は量を控えめにすると肌に影響しません。

「スキンケアは肌の外からではなくカラダの中から」が結局は正解のような気がするのでカラダに美味しいものを食べることを大事にしています。参考にしたサイト>>>>>DUOザクレンジングバームは口コミと効果に好影響

スキンケアの基本中の基本はこれでしょう!

汗をかいたまま長時間肌を洗わず過ごしていると悪臭が漂うし肌荒れしてしまいます。

汗をかいたらできるだけ洗い流すとか、それが無理なら汗拭きシートで汗を拭うなどすると肌荒れしにくいですね。

スポーツをしている人は汗だくになることや汗に対して悪い感情は持ちにくいかもしれませんが、肌のことを本当に考えるなら汗は放置しない方がいいですよ。

最近では汗拭きシートが安価です。

100円くらいでもかなり実用的な汗拭きシートが買える時代になりました。

そういう物を使ってスキンケアすれば虫が寄りつかなくなるし、肌に雑菌が増えないのでスッキリ気持ち良く過ごすことができます。

汗をかいているだけで虫に刺されやすくなるので、スキンケアに関心があるなら、まず汗をかいた後の対策を考えた方が良いでしょう。

汗をかいたままの肌に虫除けスプレーを撒いたってダメですよ。

そんなことをすれば汗の成分と虫除けの成分が入り交じり変なニオイがするし、第一虫除けスプレーの効果が半減して虫に刺されます。

わたしは虫に刺されたり気分の悪い思いをしないように、汗をかいたら汗拭きシートで拭き取るか、シャワーが使える場所ならどんどん利用するように気をつけてますよ。
もっと詳しく>>>>>ふんわりルームブラの口コミで効果を検証